常識で考えれば闇金だと分かったのに、あの時は我を見失い、闇金に飛び込んでしまいました。

スマホ用タイトル

20代男性/投資に失敗して借金

株やFXで大金を稼ぐ人が居るのを知って興味を持ったんです。
自分にもできるのではないかと思い、株やFXの本を読み漁るようになりました。
損切りするようにすれば問題無いですし、確実に利益を勝ち取ればどうにかなると感じました。

それで、結論を言うと大失敗です。
200万のお金が一瞬で無くなりました。
しかもレバレッジを高く掛けていたため、0ではなくマイナスになっていたんです。
マイナスの金額はその時で40万ぐらいでした。
まだ、うまくすれば取り返せる金額だと思ったんです。

今思えば、この時に40万の借金を受け入れて真面目に返済すれば良かったと思います。
でも、当時はそんなこと微塵も考えられず、混乱していたんです。

消費者金融や友人から何とかお金を借りて、プラス60万の状態で再出発です。
絶対に失敗出来ないという思いがあったので、常にFXの動向を監視していました。
戦略や分析のため眠れない日々も続き、疲労はピークに達していたんです。

落胆する男性

ふと、気付いたら眠ってしまっていたことがありました。
おもむろに残高を見ると、マイナス80万まで下落していたんです。
絶望しました。
マイナスを取り戻そうとするばかりに、レバレッジを高くしてしまっていたんです。
ロスカットをすれば良かったと思うのですが、なぜか儲けられると信じて切っていたからです。

消費者金融や友人への借金をどうするか、考えるだけで過呼吸になりました。
そんな時、ふと目に入ったのは値が上がりそうなグラフです。
FXでは値上がりしそうな傾向がグラフに現れるため、投資家はそれを基準に売買を行います。

私はここで勝負しなきゃすべてが終わると思い、お金をかき集めようとしましたがダメでした。
誰も貸してくれませんし、頼れる人も他には居ません。
こうしている間にもお金の動きは変化して行きます。

私が飛び込んだのは闇金でした。
その場で50万即決で貸し出すという謳い文句を信じてしまったんです。
常識で考えれば闇金だと分かったのに、あの時は我を見失っていました。

闇金で借りたお金もFXに注ぎ込みましたが、1週間が経過する頃には無くなったんです。

自殺しようと思いました。
すべて忘れて楽になりたいという気持ちしか湧き上がって来ないんです。

そんな自分を救ってくれたのはお金を貸してくれた友人でした。
法律事務所で自己破産でもして、人生を真面目にやり直せと言ってくれました。

自己破産という最悪の結末ですが、命を絶つよりは良い選択をしたと思います。
闇金のお金も弁護士が解決してくれましたし、今は細々と暮らせているので順調ではあります。
友人の一言には今でも感謝しています。

無料で闇金被害を相談できる優良法律事務所はこちらボタン