紹介屋の見極め方だ一つでも当てはまるものがあれば注意しましょう。

スマホ用タイトル

【類似した悪質業者】紹介屋

紹介やの実態と手口とは

紹介屋は闇金にお客を紹介して、紹介料で収入を得る業態です。
近年では闇金の取り締まりが強化されたため、直接広告を出したり好立地に目立つ看板を出して運営することが難しくなっています。
そこで紹介屋の需要は高まり、見た目と表向きは正規業者なんだけど自社による貸付をほとんど行わないような業者が増えています。

紹介屋の手口

貸金業の登録をしているところもありますが、ほとんどは無届業者で頻繁に拠点や電話番号、名称などを変えています。
通常の貸金業者に見せかけてブラックOK、低金利などの甘い言葉の広告を出して集客します。
そして審査をした結果、「うちでは融資できないけど、あなたの条件でも融資してくれる業者を紹介する」などといって闇金を紹介します。

何度も審査に落ちる経験をしているので、他社を紹介するという怪しい手法でも簡単に引っかかってしまいます。
冷静に考えれば、紹介先は闇金だろうと思えるものですが、もともと怪しい3流業者の広告に引っかかる人は切羽つまっていることも多く、業者からの紹介なので平気だろうと軽く考えてしまいます。
また、一部では闇金ということをわかっていて紹介屋経由で利用する人もいます。
今の時代は闇金を使うにも、どこに闇金業者があるのか分かりにくくなっているので、3流雑誌などの広告で闇金を紹介してくれそうな業者を探しています。

紹介屋は闇金業者から紹介料を受け取る契約をしています。
契約した瞬間支払われることもあれば、回収して利益の出た都度3割前後の成果報酬を継続して受け取っているケースもあります。

紹介屋の見極め方

紹介屋の特徴は次のものがあります。

・携帯電話番号しか記載されていない(090金融)
・住所を明記していない
・しっかりしたホームページを持っていない(ブログ運営含む)
・ブラックOK、コンピューター審査なし、独自審査などを明記
・審査の通りやすさを売りにしているのに金利は安め
・破格の条件のキャンペーンを実施している
・電話催促なしと明記
・3流週刊誌、スポーツ新聞、電柱などに広告掲載している

全てが紹介屋とは限りませんが、ひとつでも該当すれば紹介屋の可能性があります。
特に拠点や得体の分からないところは注意しましょう。

ブラックOKの独自審査で良心的な貸付をしている街金融もありますが、どこも実績豊富な老舗です。
評判をリサーチしてみて情報の少ないようでしたら慎重に見当してください。

申し込まなくても情報を売られる

紹介屋で話を聞いた結果、紹介先の闇金を使わなかったとしても、申込時に伝えた個人情報を複数の闇金に販売される可能性があります。
紹介屋のような業者に相談する人は、大手消費者金融からお金を借りられない人で借金依存しているケースが多いです。
そのときは紹介屋経由で闇金を使わなくても、迷惑メールやダイレクトメールで案内していけば、将来的に闇金を使う可能性は一般の人より高いです。
怪しい業者は相談して断ればいいと簡単に考えてはいけません。
電話問い合わせの段階だと、絶対に審査に通る、今なら特別キャンペーンをやっているなど甘い誘惑をして申込を案内してきます。
申込は個人情報入手もひとつの目的になっているので注意しましょう。