DMは闇金業者が利用する顧客リストに載っている人へ送られます。

スマホ用タイトル

DM

悪質なダイレクトメール

ダイレクトメール、DMと略されるメールは闇金融が非常に良く使う手法です。
不特定多数に自動で送れるメールはしばしば闇金の勧誘に使われるのです。

迷惑メールの中にお金を貸すと書いてあるものを見たことがあるはずです。
お金に関わる迷惑メールは詐欺や闇金絡みだと相場が決まっています。
DMはなぜ送られて来るのか、どうして自分に送られて来るのか、その仕組みを解説します。

DMは多重債務者などに送られる

DMは闇金業者が利用する顧客リストに載っている人へ送られます。

顧客リストには多重債務者や自己破産した人などの情報が載っており、お金に困っている相手を騙そうとしているのです。お金に困っている人にDMを送った方が成功率が高いからです。

冷静に考えれば分かる甘い罠に引っかかってしまうのは、それだけお金に困っているからです。
本当にお金を貸してくれると信じてしまい闇金の毒牙に掛かってしまうのです。

DMはメールアドレスを変更しない限り延々と送られ続けるでしょう。
迷惑メールフィルタを使用しても、ドメインをランダムに変更して何度も何度も送りつけて来ます。
闇金業者はパソコンを使って自動送信するシステムを構築しています。
DMの自動送信システムが闇金業者の間で売買されているのです。

何度も送られて来るDMを断ち切るにはメールアドレスの変更が効果的です。

DMの内容は何も実現しない

DMにはお金に困っている人が魅力的に感じる文言が散りばめられています。
審査無し、低金利、誰でも借りられる、無職OKのような言葉が並んでいるでしょう。

こうした言葉を信じてメールに返信したり、電話をかけたりしても何も実現しないのです。
相手は闇金融なので話が違うと詰め寄ったところで何も解決しません。
実際にお金を貸してくれるかもしれませんが、手数料などの名目で大半を奪われます。
少額しか借りていないのに請求は何倍もの金額になるケースも珍しくはありません。

お金を借りた後は地獄しか待っていません。DMの甘い誘惑には絶対に騙されないようにして、中身を開くことなく削除するのが正しい対応です。

闇金のDMに騙されたら弁護士へ

実際に闇金融のDMへ返信してしまい被害に合ったら、すぐに弁護士や警察へ相談しましょう
警察は民事不介入で動きが悪くなる恐れがあります。
暴力や脅迫などを受けていない限り、警察の動きはだいぶ鈍くなります。

その点、弁護士は非常にスムーズな対応をしてくれます
闇金業者に対して即刻連絡を取ってくれますし、安全にも配慮した対応が期待出来ます。

弁護士は闇金にとって天敵とも言うべき相手です。
現金の回収は不可能になりますし、反対してもリスクが大きくなるだけなのですぐに身を引きます。
困った時は弁護士へ相談する、それだけでも覚えておいてください。