個人間融資は非常に危険で、ほとんどは闇金業者や詐欺業者と考えられます。

スマホ用タイトル

ネット掲示板

ネット掲示板でお金を借りようとしている人

インターネットの普及とスマホの普及によって、誰もが空いた時間に好きな情報を見られるようになりました。膨大な情報を検索できるようになり生活の質は格段に上昇したでしょう。

全国どこでも、その気になれば世界のどことでもコミュニケーションが可能なり、距離の壁は取り払われたと言って良いです。

さて、そうした利便性の向上の中には、当然ながら悪質な犯罪の罠も散りばめられています。
闇金融もその1つで、お金を貸すという甘い言葉で利用者を騙そうと狙っているのです。

中でも最も注意したいのが個人間融資のネット掲示板です。

ネット掲示板と聞くと、誰もが自由に書き込めるオープンな場所と思うはずです。
しかし、その裏では悪意のある人間が虎視眈々と獲物を狙っているのです。

ネット掲示板に闇金業者が居る

ただのネット掲示板ではなく、個人間融資のネット掲示板が危険です。
個人間融資とは、消費者金融などの企業からではなく、個人からお金を借りることを言います。
つまり、第三者の他人から現金を借り入れる行為なのです。

消費者金融などでお金を借りられない人は、少なからずこうした個人間の融資に飛びついてしまいます。金額も数万から十数万と比較的小さく、生活費や学費、借金返済などの理由でお金を借りられます。

しかし、こうした個人間の融資は非常に危険で、ほとんどは闇金業者や詐欺業者と考えて良いです。
お金を貸すと言いつつ、約束よりも少ない金額が振り込まれます。
最初から高額な利息を引かれた状態で振り込まれるのです。
個人情報を抑えられており、その上で脅迫されると逃げ出せなくなるので要注意です。

闇金被害を避けるためには?

ネット掲示板でお金の貸し借りをしないことが闇金被害を避ける方法です。
稀に適切な利息でお金を貸している個人は居ますが、基本的には闇金や詐欺業者です。お金を貸して人助けをしたい人なら法人化すれば良いですし、まともな人はネットで金貸しなどしないのです。

利息上限法や賃金業法という難しい法律も関係して来るので、知識が無い素人では騙されて終わりです。法律で定められた利息よりも多く返済しても、それに気付かなければ騙されていることにすら分かりません。

闇金被害を受けたくないならネット掲示板を利用してお金を借りるのは止めましょう。

甘い言葉に要注意

24時間いつでも相談に乗ります、最大100万円の融資が可能、などなどの甘い言葉が溢れ返っています。極端に甘い言葉が書いてある場合は闇金融の存在を疑う方が良いです。

個人間融資は貸す側にも一定のリスクがあります。
それを踏まえて考えると積極的にお金を貸そうとしている人は危険と見て良いのです。

ネット掲示板は非常に身近な存在ですが、そこには多くの犯罪者が身を潜めています。
甘い言葉を疑えるように常に冷静な気持ちを持ってください。