「貸付自粛依頼」に登録すると、加盟している消費者金融から5年間お金が借りられなくなります。

スマホ用タイトル

借金の予防方法

借金ストップ

人生の中で何が起こるかは誰にも分かりません。
借金するつもりがまったく無い人が、突然借金をしてしまうケースもあるのです。
良くあるケースでは、キャバクラにハマった男性が借金を繰り返してして自己破産するなどです。
借金とは無縁で真面目な生活をしてきた人は、一転した借金地獄に陥るのは恐怖です。

では、借金を予防する手段はあるのでしょうか?
借金しないための方法を紹介したいと思います。

まず、お金の使い方を改めることから始めましょう。
そして、いかなる状況に置いても借金は悪だと思い込みます
お金が無いなら買わない、諦めるという選択肢を常に取り入れましょう。

買わないとバカにされる、支払わないと尊敬されない、そうした思いがあるかもしれません。
ですが、そんなことは借金する理由にはならないのです。

もし、どうしてもお金が必要なら2倍、3倍稼ぐ努力をするようにしましょう。
無い物ねだりをする思考を捨て去るのです。

というのは一般論であり、これを簡単に実践できるなら誰も苦労はしないでしょう。

そこでおすすめしたいのが「貸付自粛依頼」というものです。

これは信用情報機関にお金を貸さないように自粛を求める制度です。
登録すると加盟している消費者金融からは5年間はお金が借りられなくなります。

どうしてもお金を借りてしまう誘惑に勝てない人は、そもそも借りられないように対処してしまうのが良いです。緊急時にお金を借りられないリスクはありますが、借金まみれになるリスクと比べれば軽いものでしょう。

ただし、闇金は当然ながら貸付自粛依頼の対象には含まれていません
闇金には絶対に手を出さないようにしておきましょう。

また、この貸付自粛依頼は二親等以内の親族が申請することも可能です。
家族や兄弟が借金してばかりの場合、この申請によってお金を借りられなく出来るのです。

例えば夫に借金癖があり、言っても止めようとしないようなら借金する手段を無くしてしまうのも1つの手段です。

借金する人の心理は通常とは異なっており、独自の理論を組み立てることが多いです。
そのため、どれだけ説得しても理解してもらえない場合も少なくありません。
確実に借金を予防するのであれば、貸付自粛依頼を行うのが最も良い手段でしょう。

この貸付自粛依頼は各協会で規定が違っているので、まずはどのようなルールなのかを問い合わせてみましょう。これはかなり強制的な手段なので、出来ることなら話し合い等で解決するのが一番です。

借金は基本的にとても負担が大きいものです。
くれぐれも用心するようにしましょう。