現在クレカ現金化が人気のため自動車金融の専門業者は減少傾向です。

スマホ用タイトル

【類似した悪質業者】自動車金融

自動車金融の手口を紹介

自動車金融とは持っている車を担保に入れる貸付サービスです。
融資を受けるのは実際に車を中古車買取業者に売ったときの金額が基準になります。
その後、返済すれば車は戻ってきますし、返済できなくなると担保の車を没収されます。簡単に言えば質屋の車バージョンです。
全ての車金融が悪質とは言えないですが、優良業者の比率が非常に少ないです。
実際は車を売ったときのお金しか融資を受けられないので、ブラックリスト掲載者、無職など消費者金融のフリーキャッシングで絶対に借りられないような人でも資金調達可能です。

自動車金融のパターン

業者の対応と利用者の要望によって以下のパターンに分けられます。

・車を預けるか?
車を業者に渡して返済するまで預ける or 担保に入れてそのまま乗る

・車の名義
購入時にローンを組んで信販会社や販売店が所有者になっている or 所有権留保なしですぐに名義変更可能な状態

・名義変更の有無
自動車金融の借入段階で車の名義を自動車金融会社に変える必要がある or 名義変更せずに担保契約のみで対処

一般的な中古車買取相場で行ってもらえるのは次の条件が揃ったときです。

・車を預けて借入する
・所有権留保はついていない
・先に名義変更必要書類を渡しておく

自動車金融は貸付した商品を返済されないものだと前提に考えて融資しています。
つまり、スムーズに名義変更できる環境でなければ通常の買取査定額より割引されます。
自動車金融を使う人は借金漬けになっているケースも多く、取り立てから逃げるノウハウや度胸を持っていることが多いので、先に名義変更しても、返済できなくなった時に逃げられて捕まえるのにくろうすることも考慮されて融資額は減額されます。
所有権留保のある場合は名義変更できないので断られる自動車金融もありますし、対応できても大幅に割引をされてしまいます。

自動車金融の落とし穴

自動車金融は担保による貸付で通常の貸金業とは業態が異なり、貸金業の届出は不要で貸金業法の適用もありません。
貸金業者は原本10万円以上で上限金利は18%に制限されていますが、自動車金融は質屋と同じで貸金業法が適用されないので20%を超える金利も認められています。

さらに利息とは別に利用時には手数料を取られます。
名義変更事務手数料、保管料など名目は様々ですが理由付けは車の売買に諸費用のかかるようなイメージです。
しかし、一般的に車は購入時にのみ諸費用がかかり、売却時は査定価格を全額受け取れるのが相場です。
新車ディーラーでは2~3万円の手数料を取られますが、下取りを入れれば新車値引きを増やして対応してくれます。

自動車金融で契約時に手数料を取るのは業界特有の傾向で手数料も内容によっては10万円以上になるケースもあり高めに設定しています。
利用者は給料日やボーナスで確実に返済できるから担保を入れても大丈夫と簡単に考えている人が多いです。

借りたお金を返せば車を引き上げられることはないですが、短期の資金調達で見たときにコスト的にはデメリットの多いことを覚えておきましょう。
近年は自動車金融よりもクレジットカード現金化に人気が集まり、自動車金融を専門に行う業者は減っています。