顧客リストには闇金の誘惑に負けそうな人が意図的に選ばれています。

スマホ用タイトル

顧客リスト

顧客リストを手に取る男性

闇金融はお金を借りに来た人だけをターゲットにしている訳ではありません。
時には積極的にお金を貸しに行き、半ば強引に闇金の地獄に引きずり込むのです。

では、どのような人物にお金を貸しに行くのでしょうか?

手当たり次第にお金を貸しに行くような手間を闇金業者は行いません。
ここで利用されるのが闇金ご用達の顧客リストが関係して来ます。

顧客リストには闇金業者にとってカモとなる人物の名前や住所、メールアドレスや電話番号が記載されています。頻繁に闇金業者から迷惑メールが届くようなら顧客リストに名前が載っている可能性を考えなければなりません。

顧客リストに登録される条件

顧客リストは無差別に集めた個人情報を売っている訳ではありません。
闇金の誘惑に負けそうな人が意図的に選ばれているのです。

例えば、多重債務者は優先的に顧客リストにピックアップされる傾向があります。
お金に困っており、常に返済を考えなければいけないので闇金の誘惑に騙されやすいのです。

自己破産や債務整理した人も顧客リストに登録されやすいです。
金融機関の信用に傷が付いている人はまともな消費者金融からはお金を借りられなくなります。
だからこそ闇金が甘い誘惑をしにすり寄って来るのです。

もし、お金を貸してくれるという誘いを受けたら、闇金を疑って逃げるようにしてください。
一度でもお金を借りてしまえば闇金融の餌食になってしまうでしょう。

ネットの広告にも注意

ある日突然、携帯に電話が掛かって来て、お金に困っていませんか、と問われた経験は無いでしょうか?いつどこで電話番号を入手したのか不安に感じる人も居るでしょう。

こうした闇金融からのアプローチは、実は自分自身に原因があることが多いです。

最近多いのはネット広告による個人情報の入力です。
短時間で稼げるアルバイトがある、という広告をクリックして個人情報を入力していたら危険です。

稼げるアルバイトは完全にウソ広告であり、個人情報を奪うのが目的なのです。
盗まれた個人情報は顧客リストに記載されて複数の闇金業者へと売却されます。

個人情報は安い

電話番号や名前などが記載された個人情報は非常に安価で売買されています。
1人に付き数十円で売買されており、1000人分の情報で数万円にしかならないのです。

多重債務者の情報だけを集めた顧客リストなら1人100円程度まで増えますが、それでも金額は高くありません。
貴重な個人情報が安価に売買され、闇金業者の手の中を渡り歩いて行くのには切なさを感じます。
安いからこそ気軽に購入する闇金業者が多く、悪用されるリスクが高まってしまうのです。

個人情報が盗まれないように警戒しておき、お金の誘惑には負けないようにしてください。
闇金融はあなたが想像するよりも何倍も悪質で危険な存在なのです。