漫画の中のヤミ金業者は最近の業者とは異なるものがあります。

スマホ用タイトル

闇金知識が身につく漫画

ギフト券の買取と現金化

闇金トラブルになる人の多くは初めて闇金から借入をしています。
一般の人は闇金の世界は未知のもので、どれだけ悪質なのか理解していない人もいます。
闇金についての知識を身に付けるには漫画を読むのも効果的です。たかが漫画だと思うかもしれないですが、実際に闇金や借金した人への取材を行い作品に仕上げているものもあります。
全てが現在進行形で行われている内容ではないですが、闇金の知識を漫画から勉強することはオススメです。

オススメ闇金漫画一覧

・闇金ウシジマくん
・闇金ゼニガタ
・ミナミの帝王

当サイトのオススメする漫画はこの3つです。
現在も連載が続いていて、リアルな闇金をテーマに取材を含めた構成になっています。

ポイントになるのは現在も連載している点です。
ほかにも有名な闇金漫画は多数ありますが、厳しくなる規制やネット・スマホの普及する時代の変化とともに闇金の業態も変化しています。
つまり、古い作品は現在の環境と異なることもあり、連載中の漫画は最新刊を読むと時事ネタや流行しているサービスなども題材になっているため参考になることが多いです。

過去の事例とミックスしている

闇金は2010年の貸金業法の法改訂以降、従来以上に取り締まりが厳しくなって闇金の数も減っています。
違法行為をすると、すぐに弁護士が介入されて借金をチャラにされてしまったり、国や自治体から違反のペナルティ、経営者が逮捕されるなどの取り締まりを受けています。
現在生き残っている闇金はだいぶ大人しくなって、以前に比べると良心的な運営をするように変わってきました。
しかし、現在の闇金の形では漫画のテーマにするには、つまらない部分もあるため、一部で2000年代以前の形を残しつつ、現代の形と融合させた内容に修正しています。

オススメ漫画①闇金ウシジマくん

2000年代の闇金融をテーマにした作品です。
カウカウファイナンスのウシジマ社長と従業員が借金する人とのやり取りを描いた漫画です。
従来の闇金漫画はギャグの要素も取り入れてマイルドにしていましたが、闇金ウシジマくんはリアルでシビアな世界を描いていると評判です。

オススメ漫画②闇金ゼニガタ

2017年に1巻の発売された最新作です。
表向きは居酒屋経営で闇金の仕事もする設定です。現代において闇金が看板を出して営業することは難しく、他のサービスの看板を出して集客したり、隠れ蓑にしていることが多いです。
最新作だけあって設定も現代の闇金業者の姿をリアルに描いています。

ミナミの帝王

闇金をテーマにしたメジャーな漫画です。
大阪ミナミの闇金をテーマにしたものですが、ロングヒットをしている要因は時代に合わせたテーマを取り入れているからです。
初期のころは漫画ならではの強引な演出も多かったですが、最近では現代社会の闇を身近に感じられる作品に変わってきました。
過激な演出もありますが、闇金全盛期には実際に行われていたことも多数含まれています