口座買取と名義貸しは犯罪行為であり、大きなリスクを伴います。

スマホ用タイトル

口座買取とは?

闇金業者は、悪事がいつバレて口座が凍結されるかわからない、ということを知っています。
そのため、債務者からの返済などで口座に入金があればすぐに引き出しに行きます。

そして当然ですが、一度凍結された口座はもう二度と使うことはできません。
ですから、闇金業者はできるだけ多くの口座名義を確保しておかなければいけないのです。

かといって自分たち自身の口座を直接使うような間抜けなことはできません。
仮にそうするとしても、従業員一人あたり作れる口座は2つ~3つがいいとこです。

それでは足りないので、口座をそういった裏の業者から買い取ったり、場合によっては返済に困った債務者に作らせて返済の代わりにその口座を取り上げる、といったことを繰り返しています。

口座買取にバツを出す男性

こうした口座の売買を専門にしている裏業者も存在しますが、知っての通り口座の売買は犯罪です。

身分を偽って銀行口座を作れば、

  • 有印私文書偽造同行使
  • 有印公文書偽造同行使
  • 詐欺

といった罪にあたります。

身分を偽らずに自分の名義で作った口座であっても、
それを売ると

  • 犯罪収益移転防止法

という法律に違反することになります。

つまり犯罪にその口座が利用され、資金の移動に使われることになるのに加担したことになるのです。

しかし、口座を売ることのリスクはこれだけに留まりません。

仮に売った口座が詐欺に使われていたとしたら、詐欺の共犯として口座の名義人も逮捕されることになります。これは「落とした」や「知らなかった」などの言い訳は通用しません。

起訴されるかどうかは実際の被害の度合いなどにもよるので一概には言えませんが、人生に大きな傷がつくことは間違いありません。

その後もし立ち直れたとしても銀行口座は作れなくなるので、まともな人間としての生活はできないと言っても過言ではないでしょう。

口座の買取業者は言葉巧みにそのリスクを隠し、売るように迫ってきます。

相場は1口座2万円~3万円と言われていますから、口座を作って渡すだけの割のいいバイトのように思ってしまうかもしれません。しかし、そこには大きな落とし穴が待っていることを知らないだけなのです。

闇金業者から「口座を渡すことで利息を免除する」など、交換条件として提示されることもありますが彼らに渡してしまってはご自身の名前で犯罪行為が行われてしまうだけです。

ウォーリア法務事務所では口座売買に関する事案も含めて相談に乗ってくれますので、売買を考えていたり既に売却してしまったという方も一度相談してみることをお奨めします。

名義貸し

まず前提として、「名義貸し」という行為は違法行為です。
場合によっては善意の第三者を騙す詐欺行為ともとることができます。

弁護士などの法律家やタクシー事業者などが、無資格者にその名義を貸し、名義代と取る行為のことを指します。

本来資格のないものがあたかも有資格者のように見えてしまうところは公益を害するおそれがあり、違法行為とされています。

上記のような資格に関わる部分だけでなく、単純な名義貸しで本来借り入れができない人の代わりに借金をしたり、店舗の責任者などとして名義を貸すことも含まれます。

名義という実体のないものに対して「名義代」という現金が発生するので、楽にお金を稼ぎたいという軽い気持ちから手を出してしまう人がいます

しかし、それによって見に覚えのない借金を負うことになったり、最悪の場合逮捕されたりと、いつ最悪のシナリオが訪れるかわからない恐ろしい行為なのです。