金利の上限は貸金業法と出資法で定められています。

スマホ用タイトル

闇金融の定義

「闇金」という言葉は、闇金と直接関わったことがなくてもほとんどの方が一度は耳にしたことがあるキーワードかと思います。

それほど大きな社会問題になりましたし、その問題は今もなお根強く残っているのが現状です。

しかし「闇金」と呼ばれるものがどういった存在なのかは、
「なんとなく知っている。」という方がほとんどであり、
その定義を正確に把握している方はほとんどいないのではないでしょうか。

闇金の定義を知り、被害を未然に防げるようになることは非常に大切です。

まず、闇金を知るにあたって関わる法律が以下の2つです。

  • 出資法
  • 貸金業法

出資法は特に金利などについて、貸金業法は同様に金利に関する規定も含みますが、その他にも許可や借り入れの上限などについても規定している法律です。

一言で言うと「闇金」とはこれらの法律に違反して運営している業者のことを指します。

  • 年利20%まで、という金利の上限を超えての貸し付け
  • 貸金業法に基づいた登録を行っておらず、無許可で運営している

こういった事項に当てはまる組織が闇金です。

また、当然ながら許可を取っていたとしても、違法な金利を取っていればそれは当然闇金です。

表向きはしっかり許可を取っているように見えて、実際は違法な金利を取るような一見わかりづらい闇金も存在するので、注意しましょう。

そして、これら闇金に共通して言えることは、違法な金利で利用者を締め付け、支払いができなくなったところであらゆる手段を用いて厳しい取り立てをしてくる、という点です。

そうなってからでは自分の手で解決することはほぼ不可能です。

取り立て方の違い

消費者金融のオペレーター

通常の消費者金融(ア◯ム、レ◯ク、プ◯ミスなど)でお金を借りて、もし支払いが遅れてしまった場合、期限を過ぎた数日後に一度電話がかかってきます。

そこでいつなら支払いが可能かなどの話を付けて、次の支払い日の設定をしなおします。
電話をかけてくるのはほとんどの場合が女性のオペレーターであり、対応も非常に丁寧です。

こういった督促を無視しつづけた場合にどうなるのかはわかりませんが、最後まであくまで「お客様」として扱ってくれる印象です。

それに対し闇金の場合、万が一支払いが遅れて一度取り立てる方向で動き出すと、それこそ人権を無視した苛烈な取り立てをしてきます。

  • 時間外の厳しい取り立て
  • 電話での恫喝、脅し
  • 職場への電話
  • 家族にまでおよぶ取り立て

このようなことを平然とやってくるのが闇金です。

当然ながらいずれも違法行為ですが、被害者も「お金を借りている」という負い目からなかなか周りや警察に相談できない、というケースが多いようです。

矢印画像闇金の悪質な取り立て手法

やさしい闇金(ソフト闇金)とは?

闇金による多重債務者への過酷な取り立てなどが社会問題となり、闇金に対する摘発が厳しくなったのは記憶に新しいところです。

しかし、それを受けて闇金業者も形を変えつつ今もなお生き残っているところが多いのです。

そして、その中で最近耳にするようになったのが、やさしい闇金(ソフト闇金)と呼ばれる闇金です。

具体的には、前述したような厳しい取り立て行為を行わず、対応は至って丁寧であり、金利も通常の闇金に比べると安い、というものです。

しかし注意しなければいけないのは、金利が通常の闇金より安い、と言っても1ヶ月で3割などであり、これは出資法や貸金業法で定められた年20%という上限金利を大幅に超えた違法金利である、ということです。

一見やさしい側面を見せて安心させ、法外な金利を取るという闇金業者の新しい手法と言えるでしょう。

特に、以前に闇金から借金をして厳しい取り立てを経験した人からしてみれば、かなり「やさしく」見えるものです。こうした人をまたカモにして絞り取りにきているのです。

なまじ「やさしい」だけに、警察や弁護士などへ相談する被害者も少なく、被害者自身が被害に遭っていることにすら気づいていない、というケースも多いのです。

非常に巧妙かつ狡猾な手口なので、注意しましょう。