闇金の恐ろしさを知り、絶対に手を出さないよう戒めにしましょう。

スマホ用タイトル

カード支払いが厳しくなり借金

昔から浪費癖があることは自分でも自覚していました。

それでも結婚して子供ができたことを機に、買い物に対する欲求などは自然となくなっていきましたし、なによりお金の余裕がありませんでした。

でも、育児もある程度落ち着いて平凡な毎日が続くようになったあたりから、少しずつそれが変わっていきました。

通帳は私が管理してましたが、クレジットカードを持っていなかったので、あまり派手な買い物はできませんでした。

そんな時にどうしても欲しい洋服があって、クレジットカードを作ることにしました。
毎月の分割払いにすれば夫にばれないで買うことができる、と軽い気持ちでした。

クレジットカードで買い物をしすぎて借金

久々にクレジットカードで買い物をしたときに感じたのは罪悪感でもなく、ただただ欲しいものが買えた、という快感でした。

そこからはあっという間です。

クレジットカードのショッピング枠をその時はまるで自分のお金のように錯覚していて、気がつけばすぐに利用限度額に達していました。

その頃にはカードの毎月の支払い金額もかなり大きくなっていてそれをごまかすためにキャッシングにも手を出し始めていました。

毎月の支払いのためにキャッシングをして、そちらも限度額に達した時、初めて自分のしてきたことの重大さに気づいたんです。

でも、それでも夫に打ち明ける勇気はありませんでした。

ただでさえ少し冷めた関係になっていたこともあり、このことがバレると離婚されるということも十分考えられました。

お金が借りられるところをパソコンで探す女性

離婚だけは避けたかったので、私はさらにお金を借りられるところを探しました。

今考えると、このときはもうすでに正常な精神状態ではなかったと思います。他から借りたって問題を先延ばしにしてるだけで、なんの解決にもならないことをわかっていませんでした。

そこで行き着いた先が闇金だったんです。

その時の私は、「闇金といっても消費者金融とそこまで変わらないものだろう。」程度に考えていました。
しかし、それは大きな間違いでした。

おかしいなと思ったのは、最初に借りに行ったときです。

ビラには最大50万円までの融資が可能と書いてあったにも関わらず、実際には 「5万円までしか融資はできない。」 と言われました。

「それじゃあ話が違う!」
とにかく10万円ほどのお金がすぐに必要だった私は、最初食い下がりましたが、
「だったら他行けば?」
と冷たくあしらわれました。

でも、とにかく現金が必要だったので5万円だけでも、と思い借りることにしたんです。
そうしたら実際に渡されたのは2万5千円。

しかし、借用書には10日後に5万円返すことになっていました。
10日で5割もの金利がかかる上に、それを最初から引かれていたのです。

慌ててキャンセルしようとしましたが、今度は 「もう契約は成立してる。キャンセルするならキャンセル手数料20万円払え!」 と凄まれました。

怖くなってしまった私は、そのまま2万5千円を受け取りそこの事務所を出て行きました。

闇金の怖さを初めて知った私は、夫にバレることも覚悟しつつすぐに通帳からお金を引き出して闇金から借りたお金を返しに行きました。

しかし、今度は完済手数料なんていうわけのわからないものを請求され、返済を受け入れてくれません。
結局、利息分だけ払わされてまた10日後にといって追い出されました。

借金のことを夫に怒られている女性

もはや自分では解決できないと思い、夫にすべてを打ち明けて相談しました。
呆れてものも言えないという夫でしたが、すぐに法律事務所に相談し、それによって解決しました。

その他の借金についても一度精算し、今は今後について二人で話し合っているところです。

闇金の恐ろしさを身をもって知った今、夫と相談に乗ってくれた法律事務所には感謝の気持ちでいっぱいです。もう二度と手をださないことを誓いました。

無料で闇金被害を相談できる優良法律事務所はこちらボタン