支払いを待ってもらうのは真摯な姿勢で望めば難しいことではありません。

スマホ用タイトル

支払いサイクルに追われ闇金へ…

一人の人間が生きていく上で月々に支払わなければいけないものというのは、想像以上に多いものです。

家賃、光熱費、携帯代などの他に、もし会社などに所属していなければ国民健康保険料や国民年金なども毎月自分で払わなければいけません。

また、消費者金融などから借金があれば、これも毎月一定の金額を返済していかなければいけません。

これらの支払いをご自身の収入で賄わなければいけないのは本来当然のことですが、

  • ついつい服を買うのにお金を使ってしまった
  • パチンコをやってしまって負けてしまった

このようなどうしようもない理由から支払いを先延ばしにし、催促されたときにはまた消費者金融からのキャッシングで賄う、このようなことを繰り返している方は非常に危険です。

このような方は闇金にも軽い気持ちで手を出してしまいがちなのです。

支払いなどに困ってしまった経緯はどうであれ、闇金にだけは絶対に手を出してはいけません

闇金にお金を借りてまで他の返済や支払いに充てるくらいなら、なんとしてもその支払いを待ってもらうように尽くすべきなのです。

もちろん支払いには期限が定められているので、期限内に支払いができなければその後に督促はきます。

しかし、役所にしても、電力会社やガス会社、消費者金融にしても、その督促は闇金に比べれば至ってやさしいものです。

もちろん催促がやさしいからといっていつまでたっても払う姿勢を見せない、などといった不誠実な行動を取っていたら差し押さえを受けたり、電気やガスも止められ、法的措置を取られるといったことも十分ありえます。

支払いを待ってもらう

支払いを待ってもらう電話をしようとしている男性

支払いを待ってもらう、ということは思っている以上に難しいことではありません。

しかし、そこには真摯に支払う姿勢を相手にこちらから見せる、ということが大事です。

そのためにも、支払い期限を過ぎて相手から催促の電話を待つのではなく期限内の支払いが難しいことがわかった時点で、こちらから相手に連絡をしておくことです。

こちらから連絡した上で、

  • 期限内での支払いが難しい理由
  • 具体的な支払いの時期と方法

をこちらからしっかりと提案します。
ここまで誠意を持って行えば、大抵の場合は支払いを待ってくれます。

もちろんご自身で提案した支払い期限は必ず守る必要があります
もしもこれを破ってしまったりすると、次にまた待ってくれる保証はどこにもなくなってしまいます。

しかし、安易な気持ちで闇金などに手を出し、鬼の催促など地獄を味わうよりは、なんとかそこで必死に頑張ったほうが何倍もマシであることは明白です。

闇金に手を出す前に、いらない所有物は売却するなどして、まずは自らなにかしら行動に移していくことを意識しましょう。