悪徳弁護士が整理屋として犯罪行為に手を染めるケースもあります。

スマホ用タイトル

整理屋とは?

整理屋とは、多重債務者の債務の一本化や整理を名目として債務者から多額の手数料や、場合によっては返済金などを騙し取る悪徳商法を行うもののことを指します。

整理屋は、単独で動いている場合もあれば、闇金などの業者側と結託して債務者を陥れるようなこともあります。また、弁護士事務所などを装って債務者を信用させたり、実在する弁護士の名義や事務所を利用する場合もあります。

ここまで加担する悪徳弁護士もいる、ということを肝に銘じておかなければいけません。
弁護士だからといって誰でも信用できるわけではないのです。

具体的な手口

テレビと手
  • 債務の一本化
  • 債務の整理・解決
  • おまとめローン

などというキーワードを広告で目にすることは、テレビCMや街での広告でも増えてきたように思います。

実際に大手の法律事務所で、これをビジネスとして運営しているところは多くあります。
場合によっては、このような債務整理を行うことによって状況が劇的に楽になる債務者もいます。
それは多重債務によって苦しんでいる債務者にとっては、救いの神に見えるかもしれません。

しかし、そのように藁にでも縋りたいくらい困っている多重債務者を騙し、お金を騙し取る整理屋には気をつけなければいけません。

整理屋も法律事務所同様に債務の整理や一本化を謳って債務者に近づきます。そして着手金として最初に現金を取り、その後に代行して行うことになっている返済金をも騙し取るのです。

結果的に着手金を取られただけでなく、返済もまったくされていない状況が続き、気がついたときには姿を消している、といった手口です。

また、闇金などの金融業者側と結託している整理屋もいます。

債務者が返済に困ったタイミングで債務者に声をかけ、債務整理を持ちかけます。

そして間に入って助けるように見せかけて整理を延々と引き伸ばし、着手金や返済金を騙しとって闇金業者と分け合うような巧妙な手口であり、厳しい取り立てによって精神的に追い詰められている債務者が次々と二重被害に遭っているのが現状です。

こちらから調べたわけでもないのに、タイミング良くダイレクトメールが届いたり、営業の電話がくるようなことがあったら、まずその業者は闇金と結託した整理屋であることを疑ったほうが良いでしょう。

悪徳弁護士の存在

一番質が悪いのが法律事務所の皮を被った整理屋が存在することです。

名義貸しなどは弁護士法で禁止されているため、弁護士資格を失うようなリスクを背負ってまでする弁護士はそうそういませんが、すでに弁護士会を懲戒・除名されているものや、金銭的に困っているような弁護士がこのような悪事に加担することがあります

もしも債務整理などを行う場合は、相手が整理屋である可能性も考えつつ、弁護士などの名前は一度弁護士会に問い合わせて確認するくらい慎重になったほうが良いでしょう。