闇金はお金を貸す時は優しいですが、取り立て時に態度を一変させます。

スマホ用タイトル

甘い勧誘と鬼の督促

これだけ恐ろしいと言われている闇金に、なぜ手を出してしまうのか?
借金をしたことがない、闇金と関わったことのない方からしてみれば甚だ疑問に感じることでしょう。

闇金に最終的に手を出してしまうほどお金に困っている方は、すでにその時点で冷静な判断能力を失っています。そして、そういった判断力を失っている状態の人に対して、甘い勧誘の罠は面白いほど簡単に入り込んでいきます。

絶妙なタイミングでくる甘い誘惑

甘い誘惑をする闇金業者

そもそも闇金を利用する方には、闇金を使わざるを得ない理由があります。
そうでなければわざわざリスクの高い闇金には手を出しません。

具体的には「闇金でしかお金が借りられない状況」に陥っている方が、闇金からお金を借りるのです。
そして、それは闇金業者も当然ながらわかっています。

では、闇金業者はそのような状況に陥っている人の情報をどのようにして手に入れているのでしょうか。

その方法の一つとしては、自己破産や民事再生をした際に、新聞に掲載される官報から得る情報と、独自に裏ルートで得る多重債務者のリストがメインとなっているようです。

いずれに該当する人も、通常の消費者金融では借り入れができなくなっているので、そこに対してDMや電話・メールでの営業をかけます。

このような方たちは借金という行為自体にすでに免疫があるため、最初だけやさしい対応をしておけば比較的簡単に手を出してしまうようです。

業者間のリスト共有

また、一度闇金業者に個人情報が出回ってしまうと、闇金業者間でのリストの共有がされ、いろんな闇金業者からの勧誘が殺到するようなケースもあるようです。

借りる気が一切なければ営業がくるだけ迷惑ですし、一度でも闇金から借り入れをしてしまえば地獄の始まり…いずれにしても良いことは一切ありません。

闇金からの借り入れがなかったとしても、このような状況に陥った段階で専門家に相談することを検討してもよいかもしれません。

鬼の督促

あの手この手で勧誘をしてくる闇金業者ですが、一度でもその魔の手にかかってしまったら最後、その後借金は膨らんでいき、返せなくなったところから闇金業者からの鬼の督促が待っています。

人権を無視した罵倒、恫喝…ますます冷静な判断は困難になり、言われるがままに利息を払い続ける。
ここまできたらご自身での解決はほぼ不可能です。

最終的には専門家による和解に持ち込まない限りは闇金地獄から抜け出すことはできなくなってしまうのです。

絶妙のタイミングでくる闇金からの営業に対しては、毅然とした態度で断り続けましょう。
DMなどにも絶対に反応してはいけません。

万が一、闇金から借り入れをしてしまった場合には、いつからでも遅くはないので、取引に関する情報ややり取りの記録、物証を残しておくように心掛けましょう。

それが早期解決に大いに役立つことになるのです。