クレカ現金化と闇金はリスト共有などの繋がりがある場合が多いです。

スマホ用タイトル

クレジットカード現金化

クレジットカードを現金化する

闇金と類似した悪徳業者が多く存在する業界として、「クレジットカード現金化」が挙げられます。

クレジットカード現金化とは、顧客のクレジットカードのショッピング枠を使って、本来価値のない商品をクレジットカードで買ったように見せかけ、それを業者が買い取る形で顧客に現金が渡る仕組みです。

これは当然ながらクレジットカードの規約に違反する行為であり、クレジットカード会社を騙す詐欺行為といっても過言ではありません。

実際にクレジットカード現金化業者が逮捕された事例も過去にあるので、違法な業者であることは明白です。

そして、過去に事例はないものの、こういった一連の行為が違法であるとしりつつクレジットカード現金化を行った顧客側も、詐欺の共犯とされる可能性は十分ありえます

少なくとも規約違反によってクレジットカードを利用停止された事例はあります。

そしてこのクレジットカード現金化は、貸金業法の総量規制によって新たな借入が難しくなった層を主に顧客を増やしていったと言われています。

クレジットカードのショッピング枠さえあれば無審査ですぐに現金が手に入るという手軽さから手を出す人は多いですが、実際は法外な手数料を差し引かれた分の現金にしかならない上に、当然ながらクレジットカード会社へのローンだけは残るので、一瞬で借金は膨らみます。

消費者金融でさえ、債務者からの回収というリスクを負いながら運営しているのに対し、このクレジットカード現金化業者は法外な手数料だけを搾取し、回収のリスクはクレジットカード会社に押し付けるという卑怯な性質を持っています。

闇金とクレジットカード現金化業者

また、消費者金融などでお金を借りられなくなって困っているような人を食い物にするという点で闇金と似た性質を持っており、実際に顧客リストの共有などがされている可能性も十分にあります。

実際、同じ運営元が闇金とクレジットカード現金化の両方を運営していて、比較的手を出しやすいクレジットカード現金化の顧客を闇金に流す、といったこともされています。

逆に闇金での返済に困った債務者にクレジットカードを作らせて現金化させるような逆のケースも同様にあります。

いずれにしてもクレジットカード現金化業者も闇金同様の違法な悪質業者が大半を占めています。

安易に手を出してしまうといつのまにか闇金へ…などという最悪なシナリオが待っていることも十分ありえるので絶対に利用しないようにしましょう